• トップページ
  • 想像を超えるアイデアソース
  • 第三十八回 想像を超える「集約力」

想像を超えるアイデアソース

サプライズを創出し続ける人々の
想像を超えるアイデアソースをご紹介します。

2018年10月05日

SUS株式会社 人事チーム 安藤 周平さんのアイデアソース

第三十八回


想像を超える「集約力」

会議=参加者が納得する
私が今回紹介したいのは、『「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』です。
これまでの会議では、結論を出すことが最も大切だとされてきました。しかし、参加者が会議の決定事項に納得できないと、現場は現場でやっていこうということになりかねません。そこで登場したのが、会議の目的を、結論を「決める」ことでなく、参加者が「納得する」ことに変えた「合意形成型会議」です。ファシリテーターとは、「合意形成型会議」の進行役であり、ファシリテーションとは会議を進行するためのスキルだと、この本の中で定義されています。
この本を読めば、優秀なファシリテーターになるために必要な、会議の雰囲気づくりや、人を動かす、褒める技術などを学ぶことができます。本をあまり読まない方からすればやや分厚い本だと感じるかもしれませんが、大きな活字で書いてあり、分かりやすいイラストつきなので、大変読みやすいものになっています。アマゾンのレビューを見ると、初心者向けと書いてあるので、初めてファシリテーションを学ぶ人にはうってつけでしょう。
私は、新人研修や中途社員研修を運営する際に役立つと思い、この本を読み始めました。しかし読了後、紹介されていたスキルは日常生活でも応用できると思いました。たとえば、飲み会での雰囲気づくりや、人と会うときの心配りなど、活かす場面はたくさんあります。そして感じたのが、信頼されている人や、愛されている人は会議の場面に限らず、このスキルを実践しているということです。具体的な内容はぜひ読んで知ってもらいたいのですが、自信を持ってお勧めできる良著です。

「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本

釘山 健一
出版
すばる舎
価格
1,500円+税