• トップページ
  • 想像を超えるアイデアソース
  • 第三十九回 想像を超える「漂流」

想像を超えるアイデアソース

サプライズを創出し続ける人々の
想像を超えるアイデアソースをご紹介します。

2018年11月02日

SUS株式会社 iDshop鳥栖 緒方 亮太さんのアイデアソース

第三十九回


想像を超える「漂流」

物語が与えてくれるもの
私の趣味は映画鑑賞です。たくさんの映画を観てきましたが、1つ1つジャンルは違えども、どれもその人の生き方に少なからず影響を与えてくれるものがあります。その中でも影響を受けた1つ『CAST AWAY』を紹介します。トム・ハンクス演じる配達員のチャックが、事故に巻き込まれ無人島に漂流、数年に渡り送った、生存生活を描いた物語です。

島には食料もなく、たどり着いたのは自分だけ。脱出を試みるも周囲は高波に囲まれていて無理。サバイバルの知恵がないチャックが絶望するには十分な環境。しかし、同じく漂着した積荷などを活用し、失敗を繰り返しながらもなんとか生きていく。自分が助かる可能性はゼロに近いと気づき、自殺を試みたこともあったが、それでもチャックは最後まで諦めなかった。孤独な彼の支えになっていたものがあったから。そして信じて生き続けた結果、チャンスがやってきて・・・。
演技と役づくりの凄み、つくりこまれた環境設定から、孤独や葛藤がひしひしと伝わってくる、特に終盤の雰囲気は今でも鮮明に思い出せるほど惹きこまれた作品。

苦手なことがあっても、少ない材料であっても、それを受け入れてみる。その上で諦めずに創意工夫し続けること、信じ続けることで道は拓ける、チャンスが訪れる。この物語から感じたことの一部は、今も自分の中に存在し続けています。
映画は、観た人に材料を与えてくれると思います。見落としてしまうときもあります。
物語を通して得た数ある材料を並べて、考えて、組み上げる。
そうしてできたものが、その人の感想です。同じ作品でも観る人によって感想や評価がまるきり違うのは、これが理由だと思っています。
映画を観ることは、自分なりの答えを組み上げることです。
映画は私にとって源泉であり、欠かすことのできない供給の時間です。

余談ではありますが、この映画を観てしばらくは過酷な環境の中1人でサバイバルするジャンルにハマりました、『127時間』『オデッセイ』などなど・・・。『CAST AWAY』もAmazonプライムなどで配信中ですのでぜひ鑑賞してみてください。孤独の中で自分だけの感想(アイデア)が得られると思います。

キャスト・アウェイ

監督
ロバート・ゼメキス
主演
トム・ハンクス
価格
1,429円+税