東山そばプロジェクト

SUSの新たな挑戦「東山そばプロジェクト」。
耕作放棄地を活用したそばづくりを、通称「てっちゃんの畑」を舞台に種まきから栽培まで随時ご報告します!

2020年09月28日

イノシシ、スズメバチの襲来で畑もピンチ

イノシシ除けの電気柵を設置しています。地上15cmの高さに電線を張っています(このあと45cmの高さに2本目を張ります)。

罠にかかったイノシシ。これを食べられると思ったらいけません。豚コレラの検査が必要なうえ、夏場のイノシシはおいしくないようです。


残念なことに巣箱は天敵スズメバチの襲来を受けましたが、女王バチ(写真の矢印。分かるように印をつけています)は無事なので、今年はいったん引き上げ、来年に備えます。

すっかり秋晴れでのどかな畑の風景ですが、イノシシ、スズメバチの襲来があって、日々、自然と野生の脅威にさらされています。


さくまメモ

8月末に設置したミツバチの巣箱について残念なお知らせです。2箇所に2箱ずつ(計4箱)設置したのですが、それぞれがスズメバチの襲来を受けてしまいました。片方はキイロスズメバチにやられて75%、もう片方はオオスズメバチにやられて60%のミツバチが死んでしまったようです。 幸いなことに女王蜂は無事でした。この女王蜂から子孫を確保し、また来年に備えるため、巣箱は引き上げることになりました。少しでも受粉確率を上げて収穫を増やす試みだったのですが、極めて無念です。悔しくて、悲しい。

ゆかりんレポート

お彼岸明けから9月に入り、ここ福島は、一気に秋の装いに変わりました。 気温もぐっと下がり、朝晩の冷え込みに体調を崩しそうです。 前回のブログではミツバチの巣箱にワクワクしてこれからのレポート書きも楽しみにしていたのですが、叶わぬ結果となり、テンション急降下⤵。 あ~それにしても スズメバチが恨めしい…。植物も動物もそれぞれ必死に生きているからこその事情は分かっているけど、ミツバチレポートができないのがただただ残念。

そばプロに応援メッセージを送る

福島への郷土愛を原動力に、丹精込めて育てたそばをより多くの人に食べてもらうためがんばります!

プロジェクトを彩る『そばドル』。そばを食べる瞬間を楽しみに、はじめてのそば栽培に挑みます!