• トップページ
  • 想像を超えるアイデアソース
  • 第二十五回 想像を超える「思考方法」

想像を超えるアイデアソース

サプライズを創出し続ける人々の
想像を超えるアイデアソースをご紹介します。

2017年09月01日

エコムス静岡チーム 大塚 善史さんのアイデアソース

第二十五回


想像を超える「思考方法」

常に非凡でいたい
学生時代、研究室の教授から、考え方のヒントとして紹介された書籍。
著者である森政弘さんは、ロボット工学の大家であり仏教徒。日本で初めてロボットコンテストを行った人でもある。
著者いわく「これからの時代は常識を超えなければ身動きが取れない時代になってきた」。1977年の発言。
常識を否定するのではなく、常識が本当に正しい天地の大道に合致するように常識のレベルアップを図るという意味である。
思考を柔らかくする、創造性あふれる頭にするための、いろいろな方法が紹介されている。
当時の東京工業大学の学生に宿題を与えているが、その例がおもしろい。
超高層ビルとカーネーションをよく観察して結びつけよ。
目と耳を逆にする。
縦のものを横にする。
裏と表を逆にするなど、アイデアを捻出するために問答を行う。
不まじめでなく非まじめを説く。
見学とか質問は壁にぶち当たってからせよ。
人と同じことはやらない → まずは自分でやってみる → そこで初めて、創造性が養われる。
今でもアイデアを出すときの手順のヒントになっている。
人間は変化に抵抗する。
反対されないアイデアは陳腐である。
耳の痛い話である。

超常識平凡のなかの非凡のすすめ

森 政弘
出版
PHP研究所
価格
448円+税