• トップページ
  • 想像を超えるアイデアソース
  • 第二十六回 想像を超える「努力」

想像を超えるアイデアソース

サプライズを創出し続ける人々の
想像を超えるアイデアソースをご紹介します。

2017年10月06日

iDshop仙台 太斎 浩平さんのアイデアソース

第二十六回


想像を超える「努力」

努力の先に
努力。誰しもが聞いたことがあり、したことがあるのではないだろうか。
努力には、決まったやり方や定義などがない。結果や成果をより良い物にするために行動したのなら、それが努力と呼べるものであると思う。この本は、努力の在り方、努力した先に、自分を満足させる結果を残すための努力の仕方が、己を幸福にするための努力論として書かれている。
この本の内容に、過去に自分がやってきたことを当てはめて考えてみると、あぁ、なるほど、と思わされる点が多い。

「そもそも人間とは常により良い結果を求め続け前進し続ける生物である以上、そこに介在する努力をより良い物にすれば己の納得する人生を過ごすことができる」

そのとおりだと思う。自分だけではなく、誰しもがそう思っているのは明白だが、努力しても結果に結び付かない時や努力しても意味がないと思ってしまいたくなる時だって多々ある。
よく聞く言い回しに、「努力は必ず実る」とか「報われない努力はない」などがある。
しかし、報われない努力をした記憶がある自分は異端なのか?と思ってしまう。
だが、この本には、

「望んだ結果にならない場合は努力の方向を間違えているか、間接的な努力が欠けている」

とある。つまり、努力自体のやり方を間違うと結果には結び付かない。それなら納得できる。過去の自分は間違った方向の努力をしていたのだ。その結果が失敗という形で現れたのだと。
そして一番自分に響いたのが、以下の言葉である。

「努力していると自分で思っているうちは、それは努力とは呼べない。自分がやっている事が自分にとって自然になって初めて努力の真髄である」

何も言えない。下手すると、過去の努力はすべて間違っていたのではとすら思えてくる。だがそのレベルの努力を自分が実践できるようになれば、確かに自ずと結果は付いてくるのではないか。
それを実証するためには、まずは正しい努力から始め、最後には「努力は必ず報われる」と言えるように、日々前進していきたい。

超訳努力論

幸田 露伴
出版
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格
1,700円+税