お昼、なに食べた?

ランチを見れば、「人となり」まで見えてくる!?
SUS株式会社のみんなのランチを月替わりでご紹介します。

2021年08月6日

千葉事業所 分目 義信さんのランチ

旧友との懐かしい味

ビアンカハーブMサイズ&サラダ

ビアンカハーブMサイズ&サラダ

手前はベーコンと山盛りのハーブをトッピングした「ビアンカハーブ」。奥は4種類のチーズとジェノベーゼのピザ。友人と2種類を注文し、シェアしました。生地はもちもちで、素材から料理までこだわりの手作り感を感じられる美味しいピザです。

素材にこだわったピザをゆったり味わえたランチ
素材にこだわったピザをゆったり味わえたランチ

「ビアンカハーブ」のピザにも、サラダにもたっぷり使われていたベビーリーフは地元の農園のもの。ベーコンも地元のブランド豚肉を店でスモークしています。生産している人、料理している人が分かる地産地消にこだわった安心安全なピザです。しっとりとしたベーコンは食べ応えがあり、山盛りのハーブはとても新鮮でした。もう1種類のピザにはバルサミコ酢をかけて、チーズの香りを楽しみながらいただきました。普段の昼食は仕事の合間ということで、どうしてもせわしなく食べてしまいます。「昨日のお昼はなに食べたっけ?」と思い出せないことも……。それに比べて、この日の休日ランチは仕事の忙しさを忘れ、自然豊かな場所でゆったりと食べられたので、胃袋が満たされただけでなく、気分も上がりました。

10年ぶりでも、すぐにあの頃に……
10年ぶりでも、すぐにあの頃に……

この日一緒に食事をしたのは、地元の小中学校の友人。中学では卓球部の部活仲間でもありました。実は「お昼、なに食べた?」の企画がきっかけで10年ぶりに再会したんです。卒業した小中学校が最近合併をして学校の名前がなくなり、なんとなくさみしく思っていたこと、ずっと「どうしているかな」と気になっていたこと。企画のおかげで、連絡をとって一緒にランチができました。懐かしい学校の話や、卓球でダブルスを組んだ頃のこと、市の団体戦で1位になれなくて悔しかった思い出など、昔話に花を咲かせることができました。学生時代の友人というのは、ずっと会っていなくても、すぐに昔のような関係に戻れるなと嬉しかったです。

業務改善はアイデア勝負
業務改善はアイデア勝負

出荷業務担当で、今期は簡易化を目標に進めています。出荷物に発送伝票を貼ったり、パレットをラップで巻いて固定したり、納品書を発行したりする工程の中で、どうやったら出荷前の仕掛かりを残さないようにできるかを、色々と試行錯誤しながら探求しています。作業が終わったものを置いておくのではなく、できるだけ流せるようにするにはどうしたらいいのか、1人1人の動線や、それぞれの工程そのものを見直すことが必要です。「梱包した人がそのまま出荷伝票を貼ればいいのではないか」とか、「そもそも出荷場をなくしたらいいのではないか」と知恵をしぼりながら、最適な答えを見つけていきたいと思っています。

村のピザ屋 カンパーニャ

村のピザ屋 カンパーニャ

のどかな山の中に建つ古民家風のお店。本格ピザ窯で焼き上げるナポリピザが評判です。地元で評判のお店ですが、休日は都市部などの遠隔地の車のナンバーも。若いカップルや家族連れなど客層は広いです。

住所
千葉県君津市大戸見296
電話番号
0439-29-2373
営業時間
11時~14時(土日祝は15時まで)
分目 義信

千葉事業所分目 義信さん

ずっと欲しかったホンダの軽スポーツカーS660が生産終了になることをニュースで知って、3月の終わりに衝動買いしちゃいました!車はすでに1台持っているので、夢のセカンドカーです。10月に納車予定で、今からワクワクしています。運転が好きでモータースポーツにも興味があるので、いつかサーキット場に持ち込んでサーキットデビューしたいです。まずは近場の袖ヶ浦フォレストレースウェイ、そのうち長いストレートで有名な富士スピードウェイも走ってみたいですね。

分目 義信さんの紹介
分目 義信

次回のランチ紹介者は、東京事業所の 東城 暁香 さん。パクチー栽培に苦戦している東城さんのランチが気になります。

2021年08月6日

iDshop大阪 大北 崇司さんのランチ

リフレッシュ

64名物スパゲティーナポリタンランチ

64名物スパゲティーナポリタンランチ

ソーセージ、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、キノコは焼き目がつくように炒められていて、少し太めのスパゲティーとケチャップソースは絶妙に和えられています。口にすると、程よく焼き目のついた具材の味とケチャップソースが広がり、続いてモチッとしたスパゲティーが合わさります。昔ながらのというより、どこか新しいオシャレなナポリタンです。

これからの家族の話をお気に入りのカフェで
これからの家族の話をお気に入りのカフェで

生まれ育った兵庫県の中でも神戸は好きな街。異人館やショップなどが並ぶ外国のような街並みにあるBar & Bistro 64は、落ち着いたモダンな内装や開放的なテラス席が魅力的で、ランチ、カフェタイム、ディナータイムと、どの時間も行ってみたいと思わせてくれるお気に入りのお店です。この日は夫婦水入らずのランチ。いまは2歳半の娘が1人いるのですが、ことし10月には2人目の子どもが生まれる予定です。今度は男の子。妻によると、お腹の中でとてもよく動くそうで、「活発な子かな」と笑ったり、手狭になりそうな今の家から、どんな場所に引っ越したいかなどについて話したりしました。好きな街にあるお気に入りのお店で、お気に入りの食事を食べながら、妻とこれからのことを話せて、これ以上ないお昼のひとときでした。

前職の血が騒ぐ こだわりのパスタ作り
前職の血が騒ぐ こだわりのパスタ作り

前職はイタリアンメインのカフェ店舗の運営を任されていて、キッチンに立って、接客も自らこなしていました。パスタメニューが多かったこともあり、美味しいパスタに出会えると、満足感と同時に何を使っているのかを想像しながら、再現するのが楽しいです。最近作ったのは鶏肉、キノコ、三つ葉のペペロンチーノや生ハムとフレッシュトマトのジェノベーゼなど。お店で食べて美味しかったものを参考にしたり、自分のアイデアを加えたりしています。例えばバジルソースは香りを出すために一から作ることもありますし、色を強く出すために市販のペースト状のものを使うことも。パスタの茹で時間はアルデンテになるように短め。そして茹でる際の塩分量は一般的にはお湯1リットルに対して1%が目安ですが、私は少なめに。美味しくできたかどうかのバロメーターは娘や姪の食べっぷり!子どもは正直です(笑)。最近は明太子クリームパスタに食いついてくれました。

ともに働く仲間もお客さま
ともに働く仲間もお客さま

製造部門で主に製品の検査、出荷に関する業務を担当しています。品質保証の考え方で「後工程はお客さま」という言葉があり、この言葉を大事に仕事に取り組んでいます。私たちの後ろに位置する運送担当者やエンドユーザーであるお客さまはもちろんのこと、前の工程にあたる切断や加工の担当者についても相手の立場で考え、行動するように努めています。また、現場のスローガンである5Sのうち、整理整頓を通して改善につなげられることがないかと常に目配りをしています。例えば階段を上がった先にまとめて置いてあった備品。備品を持って上がり下がりする間接作業時間を削減できないかと考え、必ずみんなが通る場所に配置変更したらどうかと提案。みんなに納得してもらって実現することができました。日々の些細な気づきが、小さな改善につながることは楽しいです。

Bar & Bistro 64

Bar & Bistro 64

パスタを始め、オムレツやチキンカレー、ステーキなど洋風な創作料理を楽しめます。ランチメニューにはドリンク、パン、スープの3種類がセットビュッフェでついてきます。カフェタイムのケーキも人気です。

住所
兵庫県神戸市中央区浪花町64番地
電話番号
078-321-6411
営業時間
11時〜20時30分まで(変更もあるので、詳細はHPで)
大北 崇司

iDshop大阪大北 崇司さん

2人目の子どもが生まれたら、きっと忙しい毎日になるでしょう。今までのように家事育児を妻に甘えるのではなく、出来る範囲で協力して仕事と家事育児をバランス良くこなしていけるようにしたいです。日々の掃除、洗濯、食器洗い、そして週末は前職のカフェ運営で培った料理の腕も家族のために発揮できたらなと思っています。

大北 崇司さんの紹介
大北 崇司

次回のランチ紹介者は、iDshop広島の 大塚 陸斗 さん。iDshop広島1の美食家、大塚さんのランチが気になります。

ハッシュタグ「#susお昼なに食べた」であなたのランチを教えてください!