東山そばプロジェクト

SUSの新たな挑戦「東山そばプロジェクト」。
耕作放棄地を活用したそばづくりを、通称「てっちゃんの畑」を舞台に種まきから栽培まで随時ご報告します!

2020年11月06日

いざ収穫!のはずが、そばの乾燥不足とコンバイントラブルで先送り

11月に入り、コンバイン2台、軽トラック2台が畑に集結。いざ収穫!と気合が入る。

コンバインも畑に入り、順調に収穫開始したはずが……。


そばに湿気が残っているのか、こぎ胴と呼ばれる回転部分をはじめ、各部にそばがまとわりついてしまった。

1台のコンバインでベルト切れのトラブル発生。大事をとって、一旦は撤収することになりました。


さくまメモ

11月に入って、いざ収穫!とコンバイン2台、軽トラック2台が畑に集結し、そばの刈入れを開始。しかし、そばの乾燥が不十分で、湿気でまとわりついたのか、コンバインの内部にそばが詰まってしまいました。1台のコンバインはベルト切れを起こしリタイヤ。もう1台も詰まった内容物を掻き出したものの、大事をとってリスケとしました。あと4~5日、そばが十分に乾燥するまで待つことになりました。

ゆかりんレポート

前回、10月末に収穫しますと報告していましたが、農業は自然任せ、私達の思惑通りとはいかず、収穫は延期になってしまいました。そばの乾燥が十分に進んでいないことが原因のようです。
楽しみが先延ばしとなり、残念です。
そばはあっという間に大きくなってすぐに収穫できるので、あと少しの間、楽しみに待ちたいと思います。
今、福島は冷え込みが徐々に厳しくなってきています。
美しい紅葉も終盤を迎え、これから冬への準備が始まります。

そばプロに応援メッセージを送る

福島への郷土愛を原動力に、丹精込めて育てたそばをより多くの人に食べてもらうためがんばります!

プロジェクトを彩る『そばドル』。そばを食べる瞬間を楽しみに、はじめてのそば栽培に挑みます!