想像を超えるアイデアソース

サプライズを創出し続ける人々の
想像を超えるアイデアソースをご紹介します。

2019.4.5

第四十四回 想像を超える「Eureka!」

インターステラー
監督
クリストファー・ノーラン
主演
マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
価格
1,429円+税

私たちの生きる世界に存在する謎が解明されるときの感動と喜び

2014年に公開された映画「インターステラー」、何度も見たくなる映画に出会うことは稀だが、この映画はそう思える映画の1つである。

あらすじは、気候変動とそれに伴う食糧難で地球での生命活動が難しくなった人類の存続のために、12人の冒険者たちが、別銀河系にある(であろう)いくつかの可能性(居住可能な惑星を探すなど)を目指しインターステラー(惑星間航行)していく話である。遥か遠くの宇宙を目指す宇宙飛行士の時間軸と、地球に残された人びとの時間軸の2つが絡み合いながら物語が進み、時間の流れが違う世界で生まれたズレの中で浮かび上がる人びとの人生を描いたSF映画である。

2017年ノーベル物理学賞を受賞した理論物理学者キップ・ソーン博士協力のもと描かれたこの映画は、聞いたことはあっても理解できない相対性理論、ブラックホール、重力、高次元などの宇宙に関する話題を、一般人でも理解しやすいように映像化しており、クライマックスに至るまでに起こる事象は、これまで見たSF映画の中でも最高クラスのワクワク感を提供してくれる。

アイデアが生まれた瞬間に叫ぶ「ユリイカ!(Eureka!)」という言葉がある。「見つけた!(解った!)」という意味の古代ギリシア語で、アルキメデスが浮力を発見した時にもこの言葉を叫んだと言われている。現代でも英語圏のネイティブは、何かを発見した時に、感動の意味を含む喜びをこの言葉で表現するという。この映画の中にも「Eureka!」と叫ぶ場面があり、この強く印象に残っている。

私たちの生きる世界には、まだ理解していないことや解明されていない謎がいくつも存在している。その答えは誰も気付かないまま、自分の身近に存在しているのだろう。幼い頃に感じた純粋な疑問や身近な小さなことから得る気付きを思い返してみれば、いつかEureka!と叫びながら書類をばらまくときが来るかもしれない。それは世界を変えることはなくとも、自分の生活習慣くらいは変えるくらいの衝撃はあるかもしれない。